木造ツーバイフォー(2×4)のメリット・デメリット

こんなにたくさん!木造ツーバイフォー(2×4)構法のメリット

そもそも、木造ツーバイフォー構法とは19世紀に北米で発展した建築構法です。日本においては枠組壁工法と呼ばれます。主に、縦材を2層ごとに設計するバルーン構法や、現在主流となっている1層ごとに縦材を設計して層の間に床材を置くプラットフォーム構法の2種類の構法があります。ツーバイフォーという名称の由来は構造用材料として最も多く用いられる木材の規格が2インチ×4インチであることからきています。同じ木造の構造である在来軸組構法と比較すると、構造部材の種類が少なく、継手や仕口の工作が簡単だという特徴が挙げられます。それゆえ、所用工数が少なく精度が高いことや、熟練の大工の技術を必要としないといったメリットがあります。環境性能に対しては、気密性が高いために断熱性・遮音性の確保が簡単にできます。壁と床を一体の6面パネルとして構成することや、外力を面で受けられることから、耐震性能が極めて優れています。

確認しておこう!木造ツーバイフォー(2×4)構法のデメリット

構造に木材を用いるため、高温多湿の気候条件下にあり、シロアリ被害のある日本では木材の腐食に注意しなければなりません。土台などの地面から1mの高さまでの木材は防腐や防蟻の処理が必要になります。また、1階から順に施工していくため、棟が上がるのに時間がかかり屋根工事があとになるので、工事の最中に雨に降られると躯体が慣れてしまうという欠点があります。日本では雨が多いので時期に配慮しなければなりません。ただ、最近では工場でプレキャストすることが多いためこの問題は解決されつつあります。他のデメリットとしては、ツーバイフォー構法は面で構成されるため背の高い窓や建具を用いることや、角に開口部をつくることができず、デザイン上の融通があまり効かないという点があります。

© Copyright Flexibility Construction. All Rights Reserved.