鉄骨造りのメリット・デメリット

耐震性が強く間取りが自由になる

日本で一戸建てを建てる時、基本的には木造になります。日本に木材が豊富にあり、木材の品質も非常に高いです。燃えやすいイメージがありますが、燃焼しにくいタイプなどもあります。ただ、地震の多い国なのでそれなりに耐震性を備えなければいけません。耐震性を増やすためには柱などを多く使う必要があるため、あまり広い部屋などを作れません。木材以外の素材としてあるのが鉄骨です。柱を木材ではなく鉄骨を用いる方法で、木材に比べると耐震性が高くなります。少ない柱でも一定の耐震性が保てるので、広い部屋などが作りやすくなります。柱が無ければその分部屋の間取りを自由に決めやすくなります。将来的にリフォームをするときにも行いやすいメリットがあります。

必ずしも熱に強くなく結露の問題がある

木と鉄だとどちらの方が燃えやすいかは一目瞭然です。焚火などをするときに鉄を入れたりはしないでしょう。木材ばかりです。では住宅の木材と鉄骨ではどちらの方が火に強いかです。木は火が付くと燃えやすいものの、意外に中の芯まで燃え切るのに時間がかかります。一方鉄は一定温度まではそれなりの強度がありますが、それを超える温度になると急激に弱くなります。柱としての役割がなくなるほどグニャグニャになってしまう可能性があります。その他の鉄骨のデメリットとして、結露しやすい点があります。熱伝導率が高いため、冬に鉄骨に水分が付きやすくなります。デメリットはあるものの、熱に強いタイプの鉄骨を利用したり、結露対策を施せば問題が軽減できます。

© Copyright Flexibility Construction. All Rights Reserved.